サラリーマンは"駒"なのか

0

    どうもKAです。

     

    今回は、、サラリーマンについて。

     

    まあ私も現状は兼業とはいえサラリーマンですが笑

     

    ずばり、これ勤めてる会社の業態によりますね。

    業態というのは金融(投資で収益を上げている)であるか否か、です。

    要するにその会社の主戦場が金融経済であるか労働経済なのかということです。

     

    炎上を狙ってるわけではないですが、

    労働経済圏に属する企業を多く抱える日本の

    大概のサラリーマンは駒に近いのかもしれません、、

     

    これ金融の成り立ちを少しわかると理解が深まります。

    現在の資本主義と金融のしくみを産んだのはイギリスの貴族

    と言われていますよね。

    貴族の意図することとしては楽して裕福な暮らしをすることです。

     

    彼らはもともとお金はたんまり持っていますのでお金の需要があるところに

    金貸しができます。

    貸す代わりに利子や配当を受け取るわけです。

    その利子や配当がどのように生まれるかというと企業の儲けから生まれるわけです。

    儲からなければ利子を乗せて借金を返すことはできませんし、利益の蓄積がなければ

    利益剰余金が増えずに配当を払うことができません。

     

    つまり我々サラリーマンは企業(経営陣)の管理下で会社の収益のためにセカセカと

    働くわけですね。まるでロボットのように。そして昇給はあれど定額の収入。

    まあ、現代風奴隷といったら言い過ぎでしょうか。

     

    現に大半の1部上場企業の株式の外国人株主比率は3割ですから、

    日本の企業が頑張って稼いでも配当の3割は国外に逃げていくわけです。

    さらに東証の売買高の6割は外国人ですからね。

     

    こうしてお金を回しつつ不労所得を得る企業なのか、

    働いた分しか収入を得ることができない企業なのか。

    両者のサラリーマンでは待遇が大きく変わってくると思います。

     

    とはいえやはり最強なのはこれを個人でうまく回す人たちですよね。

    投資で得た収入が全て自分の元に降ってくる。。

     

    こうしてどんどん格差が広がっていくわけですよね、、、

     

     

     


    自分の見つけ方 〜4つの自分〜

    0

      どうもKAです。

       

      今回は、、自分の見つけ方について。

      ようは将来の可能性をどうやって発掘するかですね。

       

      四つの自分というのは・・

       

      ・自分も他人も知っている「自分」

      ・自分は知っているが他人が知らない「自分」

      ・自分は知らないが他人が知っている「自分」

      ・自分も他人も知らない「自分」

       

      です。

       

      上の3つは日常生活を送っている上では

      見つかりそうですよね。

      あとは2番目については、環境を変えないとなかなか

      形にすることは難しいですよね。

       

      ただ問題は四つ目の自分です。

      これはどうやって見つけるのか。。

      これ、とにかく色んな経験をしていくしか無いんですよね。

      とにかく動いてみないとなかなか見つからないです。

       

      みなさんも最初から決めつけずに ピン と来たものが

      あったらとりあえずトライしてみましょう。

      若いうちに沢山経験を積んだ人は人生後悔していない人が多いですよね〜。


      最近気になる人 〜クリス・モンセン〜

      0

        どうもKAです。

         

        今回は気になる人について取り上げてみようと思います。

         

        クリスさん!

        彼を知ったきっかけはyoutubeです。

        外国の方ですが、日本語うますぎです笑

        生まれはわかりませんが育ちは日本のようで。。

         

        気になった理由はここだけではありません!

        この方恐らく相当にインプットされています。

        彼のyoutubeをみていてもかなりビジネスっけの高い高度な内容を一般向けに

        話されているような気がします。

        ビジネスで大切なことはたくさんありますが、

        その一つに人間の心理を把握しておくことが大切だと私自身感じております。

        この人間の難しい心理をなるべくわかりやすく外国人の方が日本語で語っているのです。

         

        興味深い笑

         

        恐らくみなさんにも参考になるのではないでしょうか。

         

         


        好きなことをしろと言うが・・

        0

          JUGEMテーマ:就職活動

          どうもKAです。

           

          今回は世間でよく言われる好きなことをしようという話題について。

           

          まあすぐ実現できたら最高ですよね笑

           

          それになぜ好きなことをして収入を得られるのかに関しては、

          アフィリエイトの知識とマクロ経済の知識が少しだけ必要になります。

           

          今国内は供給過剰の状態です。

          企業の生産能力が消費の需要を上回っています。

          なので企業はなんとしてでも物やサービスを売りたいわけです。

          生産を抑えれば?と思うかもしれませんが、

          生産・設備を縮小させ、売り上げを落とすという行為は

          企業にとってかなりハードルが高いです。

          なぜなら企業は株主をはじめとするステークホルダーの目線が気になるからです。

           

          消費者の購買行動というのはまず、 知る ことから始まります。

          普通に考えれば当たり前ですよね、知らなければそもそも物やサービスを買うことができません。

          じゃあどうしたら自社の製品・サービスを知ってもらえるのか。

           

          そこでキーマンとなるのがアフィリエイターです。

          アフィリエイターは自身が作ったコンテンツをネット上に配信します。(私もその1人だが・・笑)

          それに広告を貼り、物・サービスをまず認知させるわけです。

          そのお礼に広告主(企業)からアフィリエイターに報酬が支払われます。

          より注目を集めることのできるコンテンツを作ることができれば

          その分報酬も多くなります。

          サブスクライバーが多いユーチューバーとかですね。

           

          このバックグラウンドについて、知らないからといって敬遠するのではなく、

          まず知りましょう。

          理解が進めば、意外と今後の生き方や価値観も変わるはずです。


          << | 2/2PAGES |