学生のうちから手軽なビジネスをしておけば就活が楽になる。

0

    ども、KAです。

     

    学生のうちから手軽なビジネスをしましょう。

    アフィリエイトやプログラミング等探せば色々あると思います。

    自分に合ったものをやっていけば良いと思います。

     

    なぜこれらが就活に活かせるのか。

    就活にはマインドに余裕があった方が有利です。

    面接でも落ち着いて入られますし、

    変にかしこまる必要もなくなる。

    ある程度の収入がその時点であれば、

    「別にこの企業に雇われなくてもいっか。。」と

    割り切ることができ、より自然な感じで面接に挑めると思います。

    要は心理的に保険を張るようなイメージですね。

    また手軽ビジネスとはいえ、それなりに収益化するには

    トレンドを読む力や継続力が求められます。

    この話をするだけでも面接官から信頼を勝ち取れると思います。

    ほかの就活生とも差別化できるでしょう。


    仕事は結局 人 と言われる理由

    0

      ども、KAです。

       

      よく、おじさん達が結局は人なんだよって言ってますよね笑

       

      これは実のところ、大半の人たちが好き嫌いで仕事をしているからです。

      どいういうことかと言うと、ある取引(営業でも発注でも)を人同士が行う場合、

      お互いに「人」を見ます。要は仲が良いか です。

      なぜかと言うと、親近感が湧く人と取引きした方が、

      今後の調整で融通が利いたり、少々無茶なお願いができるからです。

      これってつまりは楽をしたいと言うことです。

      人間って結局のところ、面倒くさがり屋なんですよね、、笑

      でも年齢や価値観が全く違う人と仲良くするって難しいですし、

      今後はグローバル化も進んでいくのでこのようなやり方は

      通用しなくなっていくように感じます。

      日本企業がこのやり方でどこまで生き残っていけるか今後楽しみなところです。


      良い歯医者の見分け方

      0

        ども、KAです。

         

        自分の歯って一生ものですよね。

        治療も結構神経すり減りますし、、

        なにより、歯が虫歯→直し→直しのサイクルが続いて

        気づいたらボロボロになってしまう、、

         

        なるべく避けたいですよね。

         

        そこで私なりに良い歯医者の条件をまとめてみました。

         

        ・予約が取りづらい

        ・定期的な検診を勧めてくれる。

        ・どんなに小さい虫歯でも、歯の表面にある虫歯をすぐ治してくれる。

        ※虫歯は基本的に自然治癒は無い為。

        ・年を取り過ぎていない事。

         

        現状こんな感じでしょうか。

        また気づくことがあれば書き足していこうと思います。


        労働人口減少に対する日本の答え

        0

          どもKAです。

           

          最近よく騒がれているネタについて少し。

           

          労働人口の減少が心配されていますが、

          その打開策として日本は生産性の向上でもなく、

          移民の全面活用(少しはやっているようだが、、)でもなく、

          定年の繰り下げ笑 という答えを出した模様。

           

          これって裏返すとOBがまだ必要な社会である、

          それはつまり先人のノウハウやらがしっかりと

          後輩達に伝授できていないんじゃ、、って感じがします。

           

          要は知識やノウハウがまだ個人の中で

          ブラックボックス化してしまっているようです。

          今後は転職市場も活発となり、

          人の出入りも激しくなる中で、誰でも

          同じような仕事がすぐにできるようになる環境づくりが

          必要になってくると思います。ドイツのように。。

           

          今後の日本企業はどのように対応していくんでしょうか。

          また何かカタリストがおきないと大きく変わらないんだろうなあ、、

          それやってたら対応が後手後手になるの目に見えてるのに、、笑


          徐々に成果が

          0

            ども、KAです。

             

            いやあ、細々ながらブログ続けてきまして、

            なんだかんだページビューが徐々に増加傾向にあります。

            やっぱりこうやって形に出ると嬉しいものですね!

            まだまだ発信したいことがありますので、

            今後ともよろしくお願いします!


            居たくもない環境にいると脳細胞が死ぬ

            0

              どうもKAです。

               

              久しぶりの更新となりました。

               

              もうすぐ2018年が終わり、平成が終わりますね。

              次の元号の名前の公表まだかな・・・(笑)

               

              さて、本題ですが、みなさん、自分の現在の環境が気に入らない方、、

              なんか忘れっぽくなている方いませんか?

              実は、、脳細胞が死んでいっています(笑)

              これメンタルからくるものなんですよね。

              意外とメンタルってバカにできないです。

              成功している人は環境をより良いほうへ変え続けているか、

              自ら環境を作り出しています。

              なあなあの環境で作業をする場合とは

              気持ちの面やパフォーマンスの面で明らかに

              結果が変わってくるというのはお分かりかと思います。

              是非、入念に自分の将来を考えて、

              気持ちを切り替え、より良い決断(行動)が

              できるようにしていきましょう!


              投資ではなぜルールが必要と言われるのか

              0

                どうもKAです。

                 

                今回は投資においてルールが重要視される理由について。

                 

                株式投資やFXのノウハウ本ではよくルールを守れ

                という内容が書いてあります。

                ルールを守れという内容をよく聞くということは、

                頭ではわかっていても、それ通りに行動できない場面が

                多々あるからです。

                株式投資やFXは資産価値の増減が伴います。

                要はお金が増えたり減ったりすることですよね。

                人間の行動には金が絡むと普段の行動とは一線を画します。

                なぜなら欲と恐怖が絡むからです。

                ものすごく興奮した状態となり、

                ロジカルに物事を考えづらくなります。

                ゆえに誤った投資判断をしてしまう方が多いからです。

                 

                欲と恐怖を克服すには人間の心理を勉強する必要があります。

                心理は人間の行動の根源です。

                人間の行動パターンをあらかじめインプットしておくことで、

                欲に走った行動や、恐怖を伴った行動を冷静に俯瞰して

                捉えることができるようになります。


                ホットな産業はyoutuberでわかる

                0

                  どうもKAです。

                   

                  今回はyoutubeを見ていて思ったことについて書いていきたいと思います。

                   

                  サブスクライバーが数十万や百万超の日本のyoutuberを見ていると、

                  家の購入・リフォーム・新築・DIYなどをネタにしている方が多くなってきましたね。

                  さらに釣り(真っ当なフィッシング)の動画も増えてきました。

                  住まいを快適にすることは生活を豊かにし、

                  自然を相手にする釣りは驚きや発見等、様々な刺激を得ることができます。

                  日頃の生活プラスアルファを重視していく世の中になってきつつありますね。

                   

                  以前から言っている通り、

                  現在は物余り・金余り経済です。

                  人々は今の生活をより良くしたいと考えています。

                  が、多くの人はどのようにお金を使い、

                  生活をより良くしていくべきかわからない方が多いです。

                  (趣味が多い私からすると信じがたいですが・・)

                  ただ世界的に見ると日本人は遊び下手としても有名です。

                  そのため影響力のあるyoutuberに時間・お金の使い方を

                  率先して宣伝してもらっているのでしょう。

                   

                  個別株の投資にも役立ちそうです。

                   


                  投資で陥りがちな4つのポイント

                  0

                    どうもKAです。

                     

                    今回は、投資で陥りがちな4つのポイントについて。

                     

                    投資には色々な種類がありますし、それら種類それぞれに

                    色々なスタイルがあります。

                     

                    ですがこれらほとんどに共通して言えることは、

                    人間の欲と恐怖が絡むということ。

                     

                    この二つが大きく影響する、投資においてマイナスな行動となるのが

                    下記の四つです。

                    ・焦る

                    ・捨てられない

                    ・期待する

                    ・待てない

                     

                    この四つのポイントを克服するには

                    やはりバックグラウンドとなるロジックが

                    必要となってきます。

                     

                    やはり勉強は必要ですね。

                    ただ勉強に関してですが、結果を出している人に

                    教わるようにしましょう。

                    スポーツでもなんでもそうですが

                    悪い人に教わったら悪い結果しか出ません。

                     

                    みなさんもトレードをする際には上記四つのポイントに

                    当てはまってないか意識しましょう。


                    プログラミング義務化。。

                    0

                      どうもKAです。

                       

                      今回はプログラミング!義務化!

                      です笑

                       

                      まあ、普通に考えてもわかりますよね。

                      今後はネット上でコンテンツを作ったり、ブロックチェーンのような

                      革新的な仕組みを世に出していく人材が求められています。

                      これは日本だけでなく世界的な流れでもあるようで、、

                      2020年にはプログラマーが足りなくなるなんて言われてます。

                      プログラミング予備校のサービスもすでにありますからね、、

                       

                      義務化された教育内容がどんなものかまだわかりませんが、

                      実際の作業よりもプログラミングができればどんなことができるのか

                      まず、知ってもらうべきだと思いますね。

                      いきなり実践だけやらせても嫌になる人続出しそうだし、、

                       

                      総務省はとにかく2025年までに100万人を

                      育成したいようです。

                       

                      でもやっぱりまず根幹の右倣え教育を

                      多様性尊重教育に変えないとダメな気が、、笑


                      << | 2/3PAGES | >>