サロンビジネスが流行っているが、入る必要はない。

0

    ども。

     

    サロンには入る必要がない。

    このテーマで話していきたいと思います。

     

    結論としては、自分の財布にとって全く負担にないなら

    入っても構わないが、自分で情報収集すれば事足りる。 ですね。

    ※月1万を超えるサロンは論外。

     

    でも直接教えてもらったほうが上達は早いという意見もあります。

    これには私も同感ですが、本当にそのサロンで手取り足取り

    マンツーマンで教えてもらうことができるのでしょうか。

    基本的にサロンを開く側のメリットというのは、

    主催者が設けることや、主催者の気が合う仲間を発掘するのが目的です。

    入念に主催者のリサーチを行いましょう。

     

    今は少し待っていれば有益な情報が出てきます。

    情報商材戦国時代ですからね。youtube等がそれを加速させます。

    例えば誰かが投資での儲け方を動画で公開していて、

    聞き手に「もっと自分ならわかりやすく説明できる」という人がいると思います。

    そしてそういう人が今すぐ情報を拡散できるプラットホーム(youtube等)が

    いま世界中でトレンドとなっているため、出てくる情報が磨かれているという状況があります。

     

    だからろくな情報を流さない人は淘汰され、有益な情報を流す人が支持されていきます。

    その有益な情報を高額で販売しようとすればまた淘汰されていきます。

    もっと低額で提供しようとする人が現れるため。

     

    だからこそ、こういった流れを把握しつつ、相手の情報を取捨選択しながら

    自分のプロジェクトを進めていくのがいいと思います。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 1970.01.01 Thursday
      • -
      • 23:20
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

       

      UZUZ

       

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM