DRZ400SM ステーターコイル交換

0

    ども。

     

    今回は、バイクの修理を行いました。

    内容はステーターコイルの交換。

    メーターがうまく表示されない、バッテリーに十分な

    電流がなかったから。

    ライトも暗くなっていたし、そもそも十分な電気が発電されていないんだろうと

    思ってレギュレーターの故障は疑わなかった。

    結局ステーターのコイルを交換してちゃんと直りました。

     

    DRZの純正ステーターコイルって2万〜3万もするんです(笑)

    なので今回は下のAHL製を使いました。5000円ぐらい。

     

    特別な加工はせずに装着できるんですが、

    少し小細工が必要でした。

     

    まず、コイル本体と電線を固定している金具を除去(笑)

    これあるとジェネレーターカバーと干渉しちゃって取り付けられません。

     

    あと電線の配置や長さが純正と違う部分があるので、

    電線を覆っている黒いシートを少し切りました。

    U型のゴムの部分は力任せで位置の調節が可能。

     

    こんな感じで無事取り付け完了。

     

    元から付いていたコイルはすぐ捨てないほうが良いですね。

    初めてだと元がどうなていたかわからなくなってしまいます。


    スポンサーサイト

    0
      • 1970.01.01 Thursday
      • -
      • 01:25
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

       

      UZUZ

       

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM