超大企業に入るためには・・

0

    どうもKAです。

     

    今日は就活です。

    ひさしぶりですね、就活の記事は。

     

    超大企業に入るためにはどうすれば良いのか、、

    これはもうやる気ですね笑

     

    それだけかよって思うかもしれませんが実際これに尽きる。

    これをどうやって100%伝えるか なんですよね。

    一般的な面接ではありきたりな質問に答えて終わりというイメージですが、

    超大企業の面接はそのようなことをしていても難しいです。

    なんたって明らかに買い手市場ですからね。

    こちらから自分を売り込まなきゃいけないわけです。

    ではどうすれば良いのか。

     

    ずばり、本音を早い段階でさらけ出し、

    絶対的な自信を見せつけることです。

     

    これなんですよ。ただ勘違いしないでください。

    この本音というのは会社という組織に貢献し辛いと思われる本音ではダメです。

    「仕事面倒」とかこういう本音はNGですね。

     

    ですのでその会社のダメなところを本心で言っているように

    振る舞う が正解ですね笑

    会社のダメなところは企業研究等行えば見えてくるはずです。

    面接官を論破するのも一つの手です。

    (行動経済学や世界的に供給過剰だということを勉強しておくとかなり有利に戦えるのですが笑)

    これを行うとですね、面接官の緊張感が変わると思います。

    面接官といえど人間なんでね、就活生(人)の本心が垣間見える瞬間は

    やはり緊張します。緊張するとその瞬間の出来事がかなり印象深く

    相手の心に刻まれます。

     

    これができたら第一段階突破ですね。

     

    そしてこれから自分のエピソードを語るわけです。

    とにかく芯が図太い人間を装いましょう。

    「○○だけはなにがなんでも納得がいくまでこなしてきた」

    「○○に関しては誰がなんと言おうと貫いた」

    みたいなかんじで。 でこれらのエピソードの結果が

    仕事に役立ちそうだと尚良いですね。

     

    最後は雑談ができるかどうかです。

    本音を語ったら次は適当な話題で雑談に持っていきましょう。

    これで社内の人間とも良好な関係が築けるんだなと思わせます。

     

    これらを自然な流れできると強いんですが、

    あんな短い時間じゃなかなかそう上手くもいきませんよね〜

     

     

    まあ就活なんて失敗したってこれからは

    何かをやりこみ、注目を集める人間が化けます。

    べつに会社内のはなしではなくてですよ。

     

    また何か思いついたら書きます。

    よろしくお願いしますー。

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 1970.01.01 Thursday
      • -
      • 00:23
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      -

      -

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM