DRZ400SM エンジンオイル交換

0

    ども。

     

    今回は私が使っているバイクのエンジンオイルをご紹介。

    DRZは一応10‐40のオイル推奨されてますね。

     

    あと正直オイルはオイルなので、

    サーキットでぶん回したりしない限り、

    安めの新しいオイルをちょっと頻度高めで

    交換してあげるのがベストだと思っています。

    ちなみに私は2000卷茲妨魎垢靴討い泙后

     

    ちなみに丸3年ずっと使っているのがこれ。

     

    カストロール製ですので安心感もあり、めちゃくちゃリーズナブル。

    これまでずっと使っていますがエンジントラブルも特になし。

    バイク屋とか実店舗ではこの値段では手に入らないです。

     

    だから自分でオイル交換ぐらいはできるようになりましょう!(笑)

    車種によりけりだけど、基本的に簡単です。

    バイクのエンジンは車と違ってコンパクトに作られている分、

    高回転させて出力を出すようにできているので、

    オイル交換の頻度も車より高くなりがち。

    だからメーカーもそれをわかっているのでオイル交換は

    誰でもできるような作りになっています。


    DRZ400SM ステーターコイル交換

    0

      ども。

       

      今回は、バイクの修理を行いました。

      内容はステーターコイルの交換。

      メーターがうまく表示されない、バッテリーに十分な

      電流がなかったから。

      ライトも暗くなっていたし、そもそも十分な電気が発電されていないんだろうと

      思ってレギュレーターの故障は疑わなかった。

      結局ステーターのコイルを交換してちゃんと直りました。

       

      DRZの純正ステーターコイルって2万〜3万もするんです(笑)

      なので今回は下のAHL製を使いました。5000円ぐらい。

       

      特別な加工はせずに装着できるんですが、

      少し小細工が必要でした。

       

      まず、コイル本体と電線を固定している金具を除去(笑)

      これあるとジェネレーターカバーと干渉しちゃって取り付けられません。

       

      あと電線の配置や長さが純正と違う部分があるので、

      電線を覆っている黒いシートを少し切りました。

      U型のゴムの部分は力任せで位置の調節が可能。

       

      こんな感じで無事取り付け完了。

       

      元から付いていたコイルはすぐ捨てないほうが良いですね。

      初めてだと元がどうなていたかわからなくなってしまいます。


      持ち運び電動バイクは流行るのか

      0

        ども。

         

        いやぁ、バイク好きからしたらこのニュースには

        関心あります。

        触れられずにはいられなかった(笑)

         

        乗ることが好きなバイク好きからすると、、うーんて感じ。

        積載性が一切ないから買い物とかはしづらい。

        ツーリングをするにしても物足りない。※最大速度55卍度。

        となればやはり、車に積んでキャンプ場の周りを

        ちょこちょこ移動する程度のおもちゃ程度となってしまうのではないか。

        価格は13万程度とバイクにしては安いがおもちゃにしては高い。

         

        ブレイズスマートEV

         

         


        250cc 4気筒が復活

        0

          ども。

           

          いや〜、きましたね。

          バリオス犠茲辰討真箸らすると嬉しいです。

           

          やはり!カワサキから笑

          マーケティングしている最中でやっぱり需要があるって気づいたんですかね〜

           

          車検なくて音がかっこよくてリーズナブル。

          たくさん回せばスピードも出ますし。

          カスタムパーツとかもたくさん出てきそうです。

          これが流行ったらまた後追いで他のメーカーが参戦するんでしょうね笑

          でもSとかYって250の4気筒作れるのかなぁ。。

          今までこの2社は作ってこなかったし。。

          でもYは3輪出しましたもんね。

           

           

          今後はそれぞれのメーカーが独自の色を出していくのを期待します。

           


          DRZ400SMのエンジンかからない。 バッテリー切れと思われたが・・

          0

            ども。

             

            愛車のDRZを3か月ほど放置してしまい、エンジンがかからなくなってしまいました。

            自分は電装系全くダメなので、とりあえずJAFにお世話になりました。

             

            バッテリー自体に蓄電が全くされていませんでした。

            だからバッテリーを変えればいいだけか と思いきや・・

             

            バッテリーに電源を流してもらい、エンジンはかかりました。

            ですがエンジン始動中にバッテリーに流れている電圧を測ると・・・

             

            ・・4V (笑)  通常は13V程度らしい。。

             

            エンジンを吹かしてもバッテリーには4Vしか来てない。。

             

            これは、、ジェネレーターが逝っとるんやぁ〜、、、

            ライトも暗かったしそもそも発電がうまくされていなさそう、、

            だからレギュレーターの故障でもなさそうだ。

             

             

            まあ走行4万超えてきてたし、そろそろガタが出てくる頃なのかなぁ・・

            普通にバイク屋で修理したら車検も併せて15万コースやろなぁ・・ アルバオート


            冬にバイクに乗る際の注意点

            0

              ども、KAです。

               

               

              今日は雪ですし、冬のバイク乗車について書いていこうかと笑

               

              正直、むちゃくちゃ寒いです。笑

              エンジンの熱とか一切頼りにならない。

              電熱系のウェアやグローブが最近は種類が豊富なので

              どうしても乗りたい場合はオススメです。

              バイク屋に売ってます。

              やはり身に付けるものなのでネットで買うのは

              オススメできません。熱源のスイッチの場所とか

              確認しておきたいですし。

               

              それからタイヤと路面の温度が下がっているので、

              急なアクセルワークは控えましょう。

              タイヤが冷えて硬くなると路面をグリップする力が落ちます。

              傾けたままアクセルひねるのは厳禁です。

              それからタイヤの溝が少なめになっているときは

              安心を買うということでタイヤの交換をオススメします。

              それから体が冷えるとあらゆる身体機能が低下するので、

              ブレーキ反応なども普段より鈍くなります。

              車間を十分に取りましょう。

              それから口元や首回りが冷えやすいかと思います。

              その場合は薄い布マスクをヘルメットの下に

              被るのも良いと思いますよ。

               

               


              バイクの維持費

              0

                どうもKAです。

                 

                今回はバイクの維持費について考えてみたいと思います。

                 

                主にかかる費用はこれ

                ・ガソリン代 

                ・重量税・軽自動車税

                ・車検用整備費(2年毎、新車は最初のレンジが3年。250娑幣紂

                ・保険(自賠責保険・2年毎、任意保険・2年毎)

                ・消耗品交換代(エンジンオイル・冷却水・ブレーキパッド・タイヤ等)

                ・修理費(立ちごけや軽接触等)

                ・パーツ代(カスタムする人)

                ・装備品(ヘルメットやグローブ、プロテクター等)

                ※基本的に日本製のヘルメットは高級品で、価格も高い。

                 

                ざっと上げただけでもこんなにあります。

                いや〜やっぱり維持費がかかりますねぇ。。

                手が出しづらいのも分かります。

                だからこそ自分である程度整備できたほうがお得なんですよね。


                バイク洗車の洗剤選び

                0

                  ども!KAです。

                   

                  今回はバイク用の洗剤選びについてです。

                  初心者向けです笑

                   

                  今日は自分のDRZ400SMを洗車したついでに書いていこうと思います。

                   

                  私のオススメはコーティグ剤入りの洗剤を使う事です。

                  洗うと同時にコーティングしてくれます笑

                  コーティングされると細かい汚れがつきにくくなるので、

                  乗った時に車体と体の間に塵が入る確率が減るので、

                  擦れたときに発生する細かい傷をつきにくくすることができます。

                   

                  私が使っている洗剤は車体にかけた後、ブラッシングする必要もないので

                  すごく楽です。

                  ただ洗い流す際には水を使うので、錆びて欲しくない箇所は

                  防錆の手入れをしておきましょう!


                  バイクの選び方

                  0

                    WR400F 1998 キックのコツ

                    WR400Fエンジン始動

                     

                    どうもKAです。

                     

                    今回はバイクの選び方について。

                     

                    最近メーカーは女子ライダーの発掘に必死ですね。

                    でもバイクを女子に普及させるのは難しいだろ〜。

                    化粧品じゃあるまいし、、危ないもん、、笑

                    事故とかマスコミが強調しだしたらこりゃ広まらないでしょうね。

                     

                    まあでもバイク人口が増えることはバイク乗ってる私個人的には

                    良いことですが!

                     

                    で、バイクの選び方ですが、、

                    見た目の好みと座り心地などは自分で良くみて決めてください笑

                    十人十色なのでなんとも、、

                     

                    それを踏まえた上で話をしますが、

                    エンジン特性の話を簡単に。

                     

                    バイクのエンジンはそれぞれの用途ごとに

                    特徴を持った作りになっています。

                    高速を出したいなら4気筒、中低速域でパワーを出したいなら単気筒(1気筒)

                    といった具合です。2気筒や3気筒はその間をとった感じです。

                    どのバイクが何気筒のエンジンを持っているかは見た目で

                    すぐわかります。エンジンからパイプが何本出ているかです。

                    単気筒なら一本です。エンジン内部のピストンとシリンダーが

                    それぞれ一個ですからね。

                     

                    当たり前ですが、エンジンの役割は主にタイヤをどのように回すかです。

                    そのタイヤにうまく動力を伝えるためにクランクシャフトという棒を

                    エンジンが回すのです。要はこのクランクシャフトの回し方が、

                    バイクの走行特性を決めるのです。

                    4気筒のバイクはピストンが4個あるのでクランクシャフトを

                    早く回せるわけです。だから高速域での伸びが期待できます。

                    この辺は想像しやすいと思います。

                    単気筒のバイクは大きなピストン1個でクランクシャフトを回すため、

                    低速域でのパワーがあります。マッチョが自転車を漕ぐようなイメージですね。

                    ちっちゃいピストン1個で動くバイクもありますが、

                    当然非力です、原付とかね。

                     

                    自分がどいう風に乗りたいかでエンジンを見ると良いと思います。

                    ただ日本の首都圏に住んでいる限りは走ればなんでも事足りそうですが。。

                    まあでもバイクは自己満の世界ですし、、自分が満足しなければ

                    意味がありません。足だけの用途ならスクーターで良いですし、、

                     

                    では今日はこの辺で!

                     

                     

                     


                    WR400F 1998 キックのコツ

                    0

                      WR400Fエンジン始動

                       

                       

                      どうもKAです。

                       

                      今回は自分でエンジンをかけてみるようになって分かったこと!!

                       

                      キックのコツですね。

                      コツはやっぱりありました。

                       

                      ガソリンが少ない場合はフューエルコックをリザーブにします。

                      デコンプレバーを押しながらキックレバーを踏んで、

                      ピストンを適正位置まで持ってきます。

                      それからキックをするわけですが、

                      キックレバーを下に振り下ろすイメージが強いかと思います。

                      ですが振り上がったキックレバーを後ろの方に

                      蹴るというイメージでキックした方がエンジンがかかりやすいです。

                      そこから弧を描いてキックレバーは下向きに

                      振り下ろされるわけですが、可動域の

                      半分以降は惰性です。テニスでいう振り切りですね。

                       

                      それとキックするスピードも思いっきり素早く蹴るようにしましょう。

                      バイクのエンジンは高回転なので、大きな運動エネルギーを

                      送ってあげた方がかかりやすくなります。

                      蹴る位置が最初0〜最後10まであるとしたら、2〜8くらいまで

                      思いっきりスピードを上げて蹴るイメージです。

                       

                      これからキック車ライフを送ろうとする方々の

                      参考になれば幸いです。

                       

                       


                      | 1/2PAGES | >>